お客様負担0円の総合買取サービス店|銀座パリス亀有ゆうろーど店|ご自宅にある不要な買取対象品をお気軽にお持ちください

BLOG

ブログ

2021/02/07

【ROLEX】 ロレックス デイトジャスト69173と79173の違い 【買取専門店 銀座パリス亀有ゆうろーど店】

 

 

こんにちは!

 

今回は【ロレックス】レディースのデイトジャスト、「69173」と「79173」の違いをご紹介します。

 

 

 

外見だけの判断は難しい・・・

 

 

 

写真を見比べて頂くと分かるように、とてもソックリなモデルなので

 

外観だけで型番を特定するのは難しいです。

 

その為、いくつか型番を特定するポイントがあります。

 

 

リューズを回してみる

 

 

リューズを2段階引くと、デイトの調整ができます。

 

この時に、12時方向にリューズをまわしてデイトが進むのが「Ref 69173」

 

6時方向にリューズをまわしてデイトが進むのが「Ref 79173」となります。

 

この他にも、リューズを3段階引くと時間調整ができます。

 

この時、12時方向にリューズをまわして針が時計回りに進むのが「Ref 69173」

 

6時方向にリューズをまわして針が時計回りに進むのが「Re 79173」となります。

 

 

 

 

この法則は、69173や79173限定ではなく、Ref 69174や79174など、「69~」「79~」にあてはまります。

 

 

 

どうしてリューズを回したらわかるの?

 

 

「Ref 69~」から始まるモデルはCal:2135

 

「Ref 79~」から始まるモデルはCal:2235

 

が使われています。キャリバー(内部の機械)が違う為、リューズを回す方向が変わってきます。

 

 

 

ブレスを外して確認する

 

 

 

 

ロレックスはベルトを外すと12時側にリファレンスナンバー(型番)の刻印が入っています。

 

その為、外見が似てるモデルでも間違えずにリファレンスナンバーを確認出来ます。

 

これは、ロレックスのリファレンスナンバーを確認する確実な方法です。

 

 

 

まとめ

 

 

ロレックスに詳しい方だと見た目で判断できる方もいらっしゃいますが

 

なかなか判断が難しいモデルもありますので、是非参考にしてください☆

 

 

銀座パリス亀有ゆうろーど店では

ただ今、ロレックス製品を強化買取しています!

 

査定は無料ですのでお気軽にご来店下さい☆

 

 

前の記事 :
次の記事 :

一覧に戻る

CONTACT US