お客様負担0円の総合買取サービス店|銀座パリス亀有ゆうろーど店|ご自宅にある不要な買取対象品をお気軽にお持ちください

BLOG

ブログ

2021/01/24

【Hermès】 エルメスの製造年と素材の刻印について 【買取専門店 銀座パリス亀有ゆうろーど店】

 

こんにちは!

 

今回はエルメスの刻印についてお話させて頂きます。

 

 

 

刻印ってなに?

 

 

エルメスのバッグや財布には、製造年を表すアルファベットの「刻印」があり、

 

この刻印から製造年を確認することが出来ます。

 

エルメス製品は、手作業で一つ一つ丁寧に職人さんが作っており、アルファベットは

 

職人ナンバーや、アトリエ名を表すアルファベットや数字で示されています。

 

いつ、どの職人が作ったのかが分かるようになっているそうです。

 

また、刻印の位置はバッグや財布によって変わります。

 

 

 

製造年の刻印ってどんな刻印?

 

 

エルメスの製造年の刻印は記号+アルファベットもしくはアルファベットのみで刻印されています。

 

  製造年によってアルファベットが変わります。

 

 

 

素材の刻印ってどんな刻印?

 

 

製造年が刻印以外に、製品の革の素材を表す刻印があります。

 

それは「素材刻印」と言われるもので、クロコダイルモデルでも

 

主に爬虫類系の素材は非常に似ているため、分かりやすく判別する記号としています。

 

クロコダイル・アリゲーターは「□」の記号。

 

クロコダイル・ニロティカスには「··」の記号。

 

クロコダイル・ポロサスは「∧」の記号。

 

リザード(トカゲ)は「ー」「=」と分けられております。

 

 

 

 

 

それ以外の刻印

 

 

ソルド品と言われるアウトレット商品の刻印があります。

 

Sの刻印が押されているので、製造年の刻印と間違われない様に

 

2014年以降に「S」の刻印を使わないようにしています。

 

 

 

 

馬蹄刻印はパーソナルオーダーのマークになります。

 

主に素材・色の配色、配置・金具などすべて自分のお好みでカスタマイズをしたものにこの刻印がされるものです。

 

また、稀に「★」スターマークが刻印されたものがあります。

 

それはエルメス関係者のために作られた製品や、上顧客のために

 

『一級の職人が作った証』としてこのマークが使用されているようです。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

今回はエルメスの刻印についてお話させて頂きました。

 

他の豆知識もまた紹介致します☆

 

 

 

銀座パリス亀有ゆうろーど店では

ただ今、エルメス製品を強化買取しています!

 

査定は無料ですのでお気軽にご来店下さい☆

 

 

前の記事 :
次の記事 :

一覧に戻る

CONTACT US