お客様負担0円の総合買取サービス店|銀座パリス亀有ゆうろーど店|ご自宅にある不要な買取対象品をお気軽にお持ちください

BLOG

ブログ

2021/04/02

【OMEGA】 オメガ 2021年新作紹介 ①【買取専門店 銀座パリス亀有ゆうろーど店】

 

 

こんにちは!

 

今回は【オメガ】2021年の新作をご紹介させていただきます。

 

 

 

シーマスター300

 

 

 

 

スペック

 

外装

 

ケースサイズ:直径41mm×厚さ13.85mm
素材:SSまたはブロンズゴールド
文字盤:ブラックまたはブルー

 

ムーブメント

 

駆動方式:自動巻き
ムーブメント:コーアクシャル マスタークロノメーターCal.8912
パワーリザーブ:約60時間

 

機能

 

防水:300m

 

 

初代シーマスターの意匠を復刻した「シーマスター300」。

 

2014年の登場以来、シーマスター屈指の人気を誇ってきました。

 

そんなシーマスター300にも、マスタークロノメーター認定ムーブメントがついに搭載されることとなりました!

 

 

 

ヴィンテージ感

 

 

 

 

新作シーマスター300は、ステンレススティール製モデルから二種類発表されました。

 

伝統的なブラック文字盤と、爽やかなブルー文字盤です。

 

シーマスター300は1957年にオメガ史に登場した同名コレクションの意匠に則った復刻モデルです。

 

1957年はシーマスターの他、スピードマスターとレイルマスターの

 

二つの歴史的「マスター」シリーズも同時にリリースされています。

 

現在は「レトロ復刻」がトレンドとなっていることも、シーマスター300の人気を下支えしているのでしょう。

 

 

 

 

 

文字盤の存在

 

 

 

 

特徴的なアラビアインデックスは初期型を再現しており、また針も初期に近づけるため再設計されることとなりました。

 

時針のアロー型は従来のシーマスター300と同様ですが、秒針がロリポップスタイルになりました。

 

オメガおよびモデルロゴのみというすっきりとした文字盤デザインと相まって、以前のスポーツウォッチを思わせます。

 

ちなみにこの文字盤は「サンドウィッチダイアル」となっています。

 

これはかつてパネライで主流であった二層構造文字盤で、下層プレートに

 

ヴィンテージのスーパールミノヴァ夜光を塗布したベースが

 

そして上層にインデックス部分を凹ませたプレートが載せられ、独特の立体感と高級感を醸し出します。

 

また、ベゼルがわずかに細くなっているようで、文字盤面積が広がりました。

 

ベゼルのスケールにも夜光が施され、かつ従来のセラミックではなく陽極酸化処理を施した

 

アルミニウム製ベゼルを採用することで、ヴィンテージテイストと堅牢性を両立していることも大きな特徴です。

 

さらにヴィンテージ感として、サファイアクリスタルガラスがドーム型になっています。

 

この形状を採用するブランドが増えてきたとは言え、サファイアクリスタルは大変加工が難しい素材のうちの一つです。

 

初代シーマスターのプラスティック風防を彷彿とさせるこの形状によって、より歴史に敬意を表したスタイルを確立しました。

 

 

 

ムーブメント Cal.8912

 

 

 

 

ムーブメントはCal.8912。

 

ついにシーマスター300でも、マスタークロノメーター認定機に載せ替えられることとなりました。

 

このCal.8912はシーマスターの中でも1200m防水を誇るプロプロフや

 

プラネットオーシャンの特別モデル等で活躍してきた背景を持ちますが

 

意外にも当該ムーブメントへの載せ替えによってケース厚は1.2mmほど薄くなっており

 

よりヴィンテージに近づいたと言えるでしょう。

 

 

 

ブレスの変更

 

 

 

 

ブレスレットも再設計され、ポリッシュ仕上げが外側に、センターコマはサテン仕上げが施されるようになりました。

 

また、リューズも内側に向けてややシェイプしていることが見て取れます。

 

 

 

ブロンズ?ゴールド?新しい素材

 

 

実はシーマスター300に、もう一つ新しいモデルが登場しています。

 

この独特の色調をした新作シーマスター300は、オメガの新素材「ブロンズゴールド」と言われる素材を使われています。

 

ブロンズ(銅)もまた、ヴィンテージ潮流を語るうえで欠かせない素材です。

 

ステンレスやゴールドとはまた違った渋みのある風合いであること。

 

加えてブロンズは酸・塩分・湿気に弱く、長年の着用によって変色することが特徴となりますが

 

この経年劣化を近年では「ポジティブな変化」と捉えエイジングと称することもあります。

 

愛好家にとっては非常に大きな魅力を湛えた素材と考えられているのです。

 

ブロンズのエイジングは必ずしも希望通りの変色を遂げるとは限りません。

 

またブロンズの酸化しやすい特性上、金属アレルギーを誘発する可能性があります。

 

肌の弱い方だと躊躇してしまうこともあるでしょう。

 

そこでオメガでは「独自の配合により肌に直接着けられるブロンズ合金」を誕生させることとなりました。

 

 

 

 

ブロンズゴールドとは、銅に9Kゴールド(金の含有率が37.5%)そしてパラジウムや銀を合金していることが特徴です。

 

金やパラジウムといった酸化しづらい素材を配合することで肌に直接触れられるブロンズ素材を生み出したこと。

 

加えて経年変化は起こるもののその速度はゆっくりで、愛用していきながら本来の美しさを楽しむことができるというのです。

 

また、色合いもブロンズともイエローゴールドとも異なっており

 

オメガ曰くセドナゴールドとムーンシャインゴールドの中間位の色味だそうです。

 

 

 

まとめ

 

 

 

他にも2021年新作の時計があるので他の機会に紹介させて頂きます。

 

 

 

銀座パリス亀有ゆうろーど店では

ただ今、オメガ製品を強化買取しています!

 

査定は無料ですのでお気軽にご来店下さい☆

 

 

 

 

 

前の記事 :
次の記事 :

一覧に戻る

CONTACT US